10/26 ペット防災講座
予約状況
提出書類・資料ダウンロード
10/26 ペット防災講座

ホーム > 10/26 ペット防災講座

10/26 ペット防災講座

ペットと一緒に災害に遭うことを想像したことはありますか?

いざという時に大切なペットを守ってあげられるのは

飼い主さんだけです!!

 

ペット防災講座

 

10/26「ペット防災講座」が開かれました。

2週間前、台風19号の影響による千曲川の氾濫で長野県内は甚大な被害を受けました。

県内で起こった災害に、参加者の皆さんも他人事ではないと真剣に受講されました。

 

 

今回は東京都立川市のボランティアグループ「立川ペット防災チーム」より

福島正人先生をお招きし講義をしていただきました。

福島先生は3.11東日本大震災でペットに関わるボランティア活動の経験もあり、

また被災犬を2匹飼われています。

 

 

今回参加された方は、

ご家庭で犬や猫を飼っている方、

ペットに関わる仕事をされている方、

ペットは飼っていないがペット防災に興味がある方、

防災に携わる活動をされている方など、、様々です。

 

  

受講者の皆さんの感想です(一部抜粋)  【 受講理由 ⇒⇒⇒ 感想 となっています 】

 

いつ災害がおきるかわからず自分も含めて犬も避難しないといけないときもあるので

どのようにしたらいいか聞いてみたいと思い。⇒⇒⇒ 何をしないといけないか、

気をつけないといけないことなど参考になりました。家に帰ってどうしたらいいか考えてみたいと思います。

 

犬2匹、88歳の年寄り、障碍者の夫、娘は仕事に出ていると考えた時、何か起きたらどうする...。

慌てない準備、冷静に行動するためにどうしたら良いかと思い参加。⇒⇒⇒ ネットワークの必要性を強く

感じました。犬か吠えるので避難所で迷惑をかけるお思うと本当にどこで過ごせばいいのかと思う。

一度だけでなく繰り返しお聞きしたい。様々な災害のパターンの話をたくさん聞きたい。

 

近年の災害をみて、避難するにあたりペットはどのように対応すればよいのか常々気になっていたので

勉強したいと思いました。⇒⇒⇒ 分かっているつもりでいたことでも違った認識があり、

改めて考えなおすことが出来ました。行政の対応の確認や、ネットワークが大切だということで

身近なところから確認、活動を心掛けたいと思います。大変勉強になりました。

 

万一の時、愛犬の命も守りたいと思い参加。⇒⇒⇒ 実際におこった災害(3.11)におけるペットの悲惨な状況を

知ることができ、我が家のことだけでなく広い目を持ち社会全体で考えていかなければならないと思いました。

改めて我が家の安全チェックなど必要と感じました。

 

避難所の運営の参考にしたくて参加。⇒⇒⇒ 大切な話をたくさん聞くことができた。

 

家庭犬のインストラクターをしているので、今後の質問に答えられるようにしたい。

3.11のぺっとについてテレビを観てショックを受けました。この機会に考えてみたいと思い受講しました。

⇒⇒⇒ プロのドッグインストラクタースクールに行っていますが、ペット防災についての話を